Postcard Formation

フライヤー印刷を業者に依頼する前に|基礎知識を知っておこう

印刷は業者に依頼しよう

知っておいた方が良い知識

色見本

フライヤー印刷を行う時に、会社によっては経費節減のため、印刷を自作でするところも見かけます。しかし、自社内で大量印刷を行おうとすると、インクがたくさん必要になってトナーも全色揃えなくてはいけませんので、かなりのコストがかかります。さらに、会社にあるプリンターを使用すると、品質にバラつきが生じてしまう場合もあるのです。そのため、フライヤー印刷を行うときには、印刷会社などの業者を利用するという手段があります。こうすることで、高品質で安価に印刷物を作成できます。これは、様々な設備と高い技術力があるため可能となっています。そこで、これから印刷会社に印刷を依頼しようと考えている人もいるかもしれません。ですが、印刷会社を利用してフライヤー印刷を行う前に、しっかり流れなどを確認した方がいいです。これを、あらかじめ知っておけば、迅速な対応が出来ます。まず、フライヤー印刷をしたい場合は、印刷会社の見積りフォームやFAXなどから見積りを依頼します。そして、その見積もり依頼を確認するため、印刷会社からFAXやメールなどで連絡が来ます。その際に、印刷物に関しての仕様や目的などを確認したあと、それに対して最適な印刷サービスを提案してくれます。そこで、提案してくれた印刷サービスを検討し、承諾したら見積りが提示されます。そして、その見積もりに納得したら注文が確定となり、指定された場所に納品されるという流れです。このように依頼は段階を踏んで行われます。そして事前に、必要な見積もりなどを用意してから印刷会社に依頼することが重要です。

適切なカラーとサイズで

CMYK

フライヤー印刷のサービスを利用すると、簡単に広い範囲で広告活動を実施することができるので、小売店や飲食店などでは頻繁にフライヤー印刷のサービスが利用されています。フライヤー印刷を専門の業者に依頼する場合には、目的に合わせてしっかりと適切なデザインのフライヤーを作成することが大切です。例えばフライヤーをカラーにするのかモノクロにするのかなどは、宣伝を行なう店舗のイメージとも直結してくるので、しっかりと宣伝を行なう店舗のイメージに合わせたデザインを選択する必要があります。色の選択以外に印紙の種類に関しても適切な紙質を選ぶ必要があり、発色を優先するのであれば光沢紙を利用すると良いでしょう。文字情報を多めにしてしっかりとメッセージを伝えたいのであれば、落ち着いた印象で目に優しい印紙であるマット紙を選択すると効果的です。また印紙の選択と同時に紙のサイズに関してもしっかりと設定することが必要です。紙のサイズは情報量によって選択するのが一般的で、多くの商品の説明をしたいのであれば、A3以上の大きなサイズを選択する必要があります。お店の開店やひとつの商品の情報を知らせたい場合には、それほど大きなサイズである必要がないので、A5程度の大きさでも十分です。基本的にフライヤー印刷を利用する際には、しっかりと自分が利用する目的を明確にして、一番効果的な印紙とサイズを選択すると、広告効果を最大限に引き出すことができます。

納得の仕上がり

婦人

紙の質や厚さが印刷物に与える影響はとても大きくて、フライヤー印刷などをする時は紙の選択を確実に行う必要もあります。フライヤー印刷によく使用されるのがコート紙で、角度によって光を反射してツヤツヤ光っているのがコート紙の特徴となっています。コート紙は発色が良いので写真やイラストが多いフライヤー印刷にとても適しています。コート紙で印刷すると商品の印象を高めることもできます。チラシはとても広告効果が高いので、適切な紙で印刷することで、商品の印象を高めて商品の情報を上手く多くの人に伝えることができます。コーティング加工されていない上質紙をフライヤー印刷に活用することもあります。こうした紙は文字だけのチラシなどに活用されることが多いです。どのような印刷をするかで紙の選択は異なることがあります。業者にフライヤー印刷を依頼する際には、対応の素早さなどに注目することも大切です。入稿データに不備がなければ、当日もしくは翌営業日の出荷にも対応してくれる業者に依頼するととても便利です。業者を選ぶ時は印刷技術の確認をすることも大切で、仕上がりにムラのない安定した印刷を実現してくれる業者の人気はとても高いです。電話による安心サポートがある業者へは安心して依頼することができます。深夜までサポート対応してくれる業者などもあります。フライヤー印刷は大量印刷することが多いので、大量印刷割り引きがある業者の人気もとても高いです。

業者に印刷を頼むメリット

印刷物

フライヤー印刷は、業者に頼めばお得にすることができます。受けられるサービスの一つが割引サービスで、フライヤーを大量に印刷する時のコスト問題を解決してくれます。複数の媒体向けに印刷するなど、あらゆることを効率化できます。

もっと読む

解像度に注意しよう

カラーチャート

フライヤー印刷を行う際に印刷業者に依頼されるケースも多いですが、初めて利用される方は気を付けておく注意点を把握しておきましょう。多くの場合は文字をアウトライン化させておく、解像度を指定の数値にしておくなどがあります。

もっと読む

販路拡大の決め手

印刷機

フライヤー印刷をする目的は、実際にその印刷物を目にする潜在顧客へ情報発信することで、販路拡大を狙う他にありません。伝えたい情報がそのままダイレクトに伝わる仕上がりにするためには、印刷のプロに依頼をするのが一番です。

もっと読む