どんな人間に成長できるのか

右脳開発のメリットとデメリット

想像力や直観力を伸ばす目的

なぜ小さいころから右脳を育てていた方がいいと言われるのでしょうか。
それは、人間は3歳ごろまでが最も右脳が柔らかく、育てやすいと言われるからです。
小さい頃に右脳を育てることで、想像力を養うことができます。
また直観力も身につくので、才能を伸ばすためにどんな努力が必要なのか、自分で考えることができるようになります。
他の才能を持っていても、努力しなければ開花しません。
必要な努力を自分で考えられるよう、右脳開発をしましょう。

また、芸術の分野において右脳はとても重要だと言われています。
音楽の才能を伸ばすためには、右脳を鍛えなければいけません。
右脳を育てると、リズム感がよくなります。
楽器を演奏したり、歌を歌ったりするためにリズム感は絶対必要になります。
また、絵を描くことにも右脳を使用します。
絵を描くのが好きな子供だったら、将来才能が開花して注目を浴びることができるよう、右脳を鍛えておきましょう。

そのようにメリットがいくつもありますが、デメリットがまったくないわけではありません。
右脳開発は、子供に合う場合と合わない場合があります。
合わない場合は、子供に大きなストレスを与えてしまいます。
その結果、ささいなことで怒るような性格になる子供も見られます。
また幼いころから、大人にこれをしなさいと命令されることで、自主性が育たなくなってしまう可能性があります。
ですから右脳開発をする際は、子供に考えさせることが重要です。

TOPへ戻る