Postcard Formation

フライヤー印刷を業者に依頼する前に|基礎知識を知っておこう

販路拡大の決め手

情報拡散に活用しよう

印刷機

フライヤー印刷の利用目的は、より多くの潜在顧客に情報を発信して、販路拡大を狙うことに尽きます。近年ではインターネット広告のほうが拡散力が高いように考えられがちですが、実は地域を限定した情報発信ならフライヤー印刷を利用したほうが効果は高いのです。なぜならその地域にある店舗の宣伝、行われているイベントやキャンペーンへの誘客は、その地域にいる人たちに拡散しなければ意味が薄くなるため。顧客側も、自分に関連のある地域に関する情報には目がすべることなく注目しやすい傾向がありますし、インターネットをあまり見ない顧客層にも強くアピールすることが出来ます。フライヤー印刷を企画するなら、早くて安い業者を見つけるのはもちろんですが、やはり仕上がりのクオリティにも注意を払いたいですね。特に店舗や企業のイメージを伝えたい内容なら、パッと目に入った瞬間の印象はとても重要です。紙の質、紙の厚み、色使いなどに対する人の目は敏感ですから、存在としてそのまま情報となるようなフライヤー印刷を目指したいですね。この場合、伝えたい内容によっては高級感のあるものばかりが良いわけではなく、激安や格安を売りにしたい場合には、あえて安さが感じられるイメージのほうが良い場合もあります。いずれにしても、望む通りの仕上がりにするためには、印刷のプロに任せるのが一番。万単位で印刷したほうが効果を得やすいものもありますので、早く美しく仕上げられる業者を選びましょう。

便利な部分があります

女の人

チラシと違い少しだけ小さいサイズの物をフライヤーと呼びますが、作成をしてもらう目的や用途が分からない人もいます。チラシ印刷とフライヤー印刷は言葉が違うだけで大きな違いはありませんが覚えておいた方が良い部分もあるので把握しましょう。自分が経営している店や任されている店を有名にするためには多少費用を使ってでもフライヤー印刷をして宣伝をしないといけません。この際に重要になってくるのはデザインとレイアウトで、適当に考えてしまうと全く効果の無い宣伝の方法になります。フライヤー印刷を業者に依頼する際は、より目立つようなデザインの物を印刷してもらえるように依頼をする事をおすすめします。こだわりを持つことや目立つようにしてしまうとフライヤー印刷業者へ支払いをするお金が高額になるイメージを持つ人もいます。紙のサイズがチラシと比べて小さい事もあり、元々の費用が少しだけ安く設定されていてその浮いたお金の分を使う事も考えてみましょう。自分の店で配布をするためにフライヤー印刷を依頼する場合は、細かい部分まで伝える事ができる文章が不要だと覚えておく事が大切です。なぜ不要なのか疑問を持ってしまう人もたくさんいますが、手渡しをする際に細かくサービスの内容などを伝える事ができるからです。文字があるとそれだけレイアウトを考える際に考えないといけないですが、フライヤー印刷の場合は文字を少なくして価格やサービスなどを掲載できるので便利で利用されています。

紙を使った宣伝の特徴

色見本

イベントや運営する施設の宣伝を行うのに最も効率がいいのが紙のチラシを使った宣伝といえます。インターネット上で宣伝するのも確かに効果的ですが、チラシやフライヤーの場合は紙を手に取ることができるので、より深い印象を与えることができるのです。通常のチラシは破けやすいのですが、フライヤーであれば屋外の壁に提示してもほとんど損傷してしまうことがないのでお勧めといえるでしょう。そういったフライヤー印刷の特徴としては、選択の幅が通常のチラシ印刷よりもかなり多いことにあります。防水加工や紙自体の加工とコーティングも幅広いものが存在しているので、屋内や屋外のイベントなどに合わせたフライヤーを用意することができるのです。業者にフライヤー印刷を注文する際にはデータ入稿でつまずいてしまう人が多いですが、実際にはそこまで神経を使う必要はありません。フライヤー印刷で重要なのは必要事項を明記することであり、全体のデザインと色合いに関しては業者側にすべて任せてもいいのです。大手の印刷業者にフライヤー印刷を依頼する際には、ある程度のテンプレートがあるのでそれを参考にすれば素人でも簡単に見栄えのいいフライヤーを入手することができるでしょう。場合によっては口頭で明記してほしい文章と簡単な要望を伝えるだけで依頼に応じてくれることもあるので、業者への注文に敷居の高さを感じる必要はないといえます。考えるべきは屋外で使う場合の防水対策などであり、細かいデザインに関してはプロに任せれば問題なく宣伝を行うことができるでしょう。

業者に印刷を頼むメリット

印刷物

フライヤー印刷は、業者に頼めばお得にすることができます。受けられるサービスの一つが割引サービスで、フライヤーを大量に印刷する時のコスト問題を解決してくれます。複数の媒体向けに印刷するなど、あらゆることを効率化できます。

もっと読む

解像度に注意しよう

カラーチャート

フライヤー印刷を行う際に印刷業者に依頼されるケースも多いですが、初めて利用される方は気を付けておく注意点を把握しておきましょう。多くの場合は文字をアウトライン化させておく、解像度を指定の数値にしておくなどがあります。

もっと読む

販路拡大の決め手

印刷機

フライヤー印刷をする目的は、実際にその印刷物を目にする潜在顧客へ情報発信することで、販路拡大を狙う他にありません。伝えたい情報がそのままダイレクトに伝わる仕上がりにするためには、印刷のプロに依頼をするのが一番です。

もっと読む