Postcard Formation

フライヤー印刷を業者に依頼する前に|基礎知識を知っておこう

解像度に注意しよう

注意事項を確認しよう

カラーチャート

大勢の方に新商品、新サービスを宣伝する時にはフライヤーを利用した宣伝方法が一般的となっています。近年ではインターネットを利用すれば低予算で宣伝が行えますが、まだまだフライヤー印刷を利用する方法も人気を集めています。フライヤーを利用する際は、始めにフライヤー印刷を行う業者に注文する必要があります。デザインデータを入稿すればすぐにフライヤー印刷をしてくれますが、利用する前に気を付ける注意点も把握しておきましょう。まず、フライヤーでは文字を入れる事が殆どですが、その際に文字はアウトライン化する事を忘れずに行いましょう。アウトライン化がされていない文字は、ご自身のパソコンでは確認できても業者には確認できない、と言うトラブルが起こる可能性があります。本来文字が入るデザインでも文字が印刷されずにフライヤー印刷を行ってしまう危険性もあるので、必ずアウトライン化を行い文字を図形化しておきましょう。そして、解像度にも注意が必要です。解像度は画像の粗さに直接影響を及ぼしてくるので、各業者が指定している解像度に変更してデータを作りましょう。業者によってはサンプルとして完成品のフライヤーが確認できる所もあります。なるべく業者との連絡を取り合って、納得するフライヤーが作れるようにしましょう。また、同じサービス内容でも地域によって総見積もりの料金が異なる事もあります。依頼をする前に業者ごとで料金の比較を行っておきましょう。

お得に利用するコツとは

ペンタブレット

チラシはポスティングや店舗で配布されていますが、中には思わず手に取って眺めてしまうものもあります。宣伝広告ですので商品やサービスのアピールがポイントとなる一方、美しい印刷で人を振り向かせる魅力も必要です。そんなチラシの魅力を高めてくれるのがフライヤー印刷業者で、お手頃な料金となったことから、大企業だけでなく個人商店にも利用が広まっています。フライヤー印刷の業者は全国各地で営業しているため、選定の際には最寄り以外も候補に入れるべきでしょう。比較のポイントとして挙げれらるのが料金ですが、普通紙や高級紙などの差がありますので、低単価が最もお得というわけではありません。まずは対象のフライヤー印刷業者がいつから営業を開始してどんな実績があるのか、掲載があれば口コミといった利用者の意見や感想も確認します。所在地や連絡先も確実にチェックしたうえで品ぞろえを確認し、そのあとに料金を比較してみると良いでしょう。フライヤー印刷は注文枚数が多くなりやすいため、大量注文の割引プランを打ち出している業者選びもポイントです。100枚前後の小ロットも注文しやすくなっていますが、少しずつ複数回よりもまとめて大量注文のほうがお得になります。しかし、すべてのフライヤー印刷業者がプランを用意しているとは限らないため、意識して選ぶことが大切です。このほか、多彩なプランも大切な比較ポイントで、例えば短納期の特急サービスやポスティング依頼も選定材料となります。

デザイン変更が簡単

男の人

企業や各種の営業所にとっては、販促や広告宣伝に必要なフライヤーの需要はとても高く、毎月多くのフライヤーを作成する企業も存在しています。通常フライヤーは専門の印刷業者に依頼をすれば、とてもお得に刷ってもらうことが可能で、まとめて依頼するのが一般的です。フライヤー印刷を行っている業者では、デザインや印紙の質に関して複数のプランを提供していて、利用者が自分で細かく設定できるようになっています。企業がフライヤー印刷を依頼する場合には、販促を目的としたものが多いので、ある程度のテンプレートが用意されている方が利便性が高いです。そのためフライヤー印刷を行なう業者では、マーケティング的に効果の高いものを企業に提案しており、お求めやすい価格設定で気軽に注文できるようになっています。企業がフライヤー印刷業者を利用する方法は複数用意されていて、近年人気が高まっているのがネットで申し込みをする方法です。ネットで注文を行なう方法だと、各種のデザイン変更がとても簡単で、24時間いつでも注文することができるのでとても便利です。またすべての対応がスピーディーで、注文をしてから3日程度でフライヤーを納品してくれます。送料に関しては大量に注文をすれば無料になるので、企業が利用する際にはぴったりのサービスとなっています。フライヤー印刷を専門にしている業者では、定期的に利用する企業に対して割引プランを提供しているので、お得に利用したい場合には定期プランを利用しましょう。

業者に印刷を頼むメリット

印刷物

フライヤー印刷は、業者に頼めばお得にすることができます。受けられるサービスの一つが割引サービスで、フライヤーを大量に印刷する時のコスト問題を解決してくれます。複数の媒体向けに印刷するなど、あらゆることを効率化できます。

もっと読む

解像度に注意しよう

カラーチャート

フライヤー印刷を行う際に印刷業者に依頼されるケースも多いですが、初めて利用される方は気を付けておく注意点を把握しておきましょう。多くの場合は文字をアウトライン化させておく、解像度を指定の数値にしておくなどがあります。

もっと読む

販路拡大の決め手

印刷機

フライヤー印刷をする目的は、実際にその印刷物を目にする潜在顧客へ情報発信することで、販路拡大を狙う他にありません。伝えたい情報がそのままダイレクトに伝わる仕上がりにするためには、印刷のプロに依頼をするのが一番です。

もっと読む